香港視察 ~交通インフラの拡大~

5月9日~5月11日までの3日間、香港へ視察に行って参りました。

2つの交通インフラの開通

 香港では昨年の9月に『広深港(こうしんこう)高速鉄道』、10月に『港珠澳(こうじゅおう)大橋』が開通しました。

 ◇ 広深港高速鉄道
  中国本土の広州と香港とを結ぶ、全長142kmに渡る高速鉄道です。
  広州から香港まで在来線では2時間かかっていましたが、この高速鉄道が全線開通したことで、
  所要時間が最速で47分と大幅に短縮されました。

 ◇ 港珠澳大橋
  香港とマカオとを結ぶ、全長55kmの世界最長の海上橋です。
  2009年から着工されており、総工費は1兆6000億円以上とも言われています。
  それまでマカオと香港の間はフェリーで70分近くかかっており、フェリーの本数も限られていました。
  港珠澳大橋では所要時間約40分で、いつでも行き来することが可能になります。

 観光客の多い香港ですが、香港経由でマカオや中国に訪れる人も多くいます。
 この2つの巨大な交通インフラの完成で、さらなる物流の活性化が期待されます。

高層ビルが建ち並ぶ香港ですが、未だに住宅不足の問題が懸念されています。
その解決に向けて、今年3月、香港当局は世界最大級の人工島の建設計画を発表しました。
香港最大の島であるランタオ島周辺1000ヘクタール以上を埋め立て、2032年にはその人工島へ
移住できることを目標にしています。
今後も、香港での大規模なインフラ事業は注目を集めそうです。


今回の視察でも、移動には地下鉄を多く利用しました。
世界屈指の繁華街を誇るだけあって、商業施設が集中している街中はいつも大変混雑していました。
しかし、そんな高層ビルが並ぶ都会的な部分だけでなく、そのすぐそばでは昔の香港映画のような
街並みも見ることができます。
そちらもまた、たくさんの観光客で賑わっていました。


香港の活気を肌で感じることができ、とても有意義な視察となりました。

戻る

Copyright(c) 2017 MEISHIN CO.,LTO All Rights Reserved.