フィリピン視察 ~マニラ首都圏~

7月12日~7月16日に、フィリピンの首都マニラへ視察に行って参りました。

アジア開発銀行(ADB)は4月に、2019年のフィリピンの経済成長率が6.4%になるとの予測を発表しました。
2012年以降7年連続でフィリピンは経済成長率が6%を超えており、高い成長率を維持していることがわかります。

フィリピンの人口は2015年に1億人を超え、それからも増え続けています。
日本は人口が減っている状態ですから、国連の中位予測によれば、2029年頃にはフィリピンが日本の人口を上回るそうです。
また、2018年にフィリピンは一人当たりのGDPが3,000ドルを超えました。
一般的に、この3,000ドルを超えると家電製品や家具の売れ行きが加速し、便利さや快適性を重視した日用品が
売れ始めるとされています。
今後もフィリピンは6%以上の経済成長率を継続すると予想され、非常に有望視されているのです。

現在、マニラのみでの人口は178万人程ですが、マニラを中心に形成されているマニラ首都圏(メトロポリタン・マニラ)では
1,300万人もの人口を有しています。
フィリピンの人口が約1億400万人ですから、全人口の1割がマニラ首都圏に集まっていることになります。
マニラ首都圏の面積は東京23区よりもやや広く、韓国のソウルやインドネシアのジャカルタなどと同じく世界でも
屈指の大都市なのです。

そんなマニラでは、現在コンドミニアム(分譲マンション)の建設が相次いでいます。
中には共同エリアにプールやスポーツジムなどスポーツ施設が備わっている物件もあり、まるで豪華なホテルのようです。
入り口にはガードマンもいるのでセキュリティ面でも安心です。

一方で、都市部を離れると昭和の頃のような町並みが残っており、まだ発展途上国である面も
併せ持っていることを実感しました。
信号がないにもかかわらず交通渋滞が起きたりと、インフラの問題点も目立ちます。
頻発する交通渋滞によって物流も滞るでしょうから、多大な経済損失も発生しているのでしょう。
このインフラの問題を解決できれば、さらなる経済発展が期待できるのだと思います。

戻る

Copyright(c) 2017 MEISHIN CO.,LTO All Rights Reserved.