熱中症に引き続き警戒を

昨日8月23日は二十四節気のひとつである「処暑」でした。
暦の上では暑さが収まる時期とされていますが、東海地方ではまだまだ猛暑は続くようです。
去年は9月に入っても涼しくならず、名古屋では最高気温が35℃を超す日もありましたから、
今年も同様に厳しい残暑が続くかもしれません。

消防庁の発表では8月16日までの一週間のうちに、全国で1万2000人以上が熱中症により
救急搬送されたそうです。
この人数は去年の同時期よりも5000人以上多く、今年が異常な暑さであることがわかります。
発生場所は「住居」が一番多く、48.3%とほぼ半数を占めます。
続いて「道路」が18.6%、「公衆(屋外)」が11.3%でした。
温度や湿度が高い場所に居続けると、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節機能が
働かなくなります。
そのため体温上昇や体のだるさ、めまい、けいれんなどの様々な熱中症の症状が現れます。
エアコンの不使用で救急搬送された事例がありますが、気温が高くなくても湿度が高くて
熱中症になることもあります。
室内で過ごす際は、体を冷やしすぎない程度に温度を設定したうえで、湿度にも注意するように
しましょう。

また、水分補給をしても、すぐ体に吸収されるわけではなく、ある程度の時間を必要とします。
のどが渇く前からこまめに水分補給をするようにしてください。
もちろん塩分の補給も忘れてはいけません。

新型コロナウイルスの感染対策が未だ必要とされる中、こうも身の危険を感じるほどの暑い日が続くと
つい気が滅入ってしまうものですが、今できる対策をしっかり行って、この夏を乗り切りましょう。

戻る

Copyright(c) 2017 MEISHIN CO.,LTO All Rights Reserved.