秋の花粉症

『花粉症』と聞くと、スギやヒノキの花粉が飛散する春のイメージが強いかもしれませんが、
1年を通して様々な植物の花粉が飛んでいるため、どの季節でも発症する可能性のある
通年病なのだそうです。

9~11月にかけてはブタクサやヨモギ、カナムグラなどが原因で秋の花粉症が引き起こされます。
今年の場合、暑さが長引いた影響でブタクサがよく育ち、花粉量も増えているという話です。
ブタクサの花粉は粒子がスギ花粉よりも小さく、気管支や肺まで入り込んでしまいます。
そのため、秋の花粉症ではくしゃみや鼻みず、目のかゆみに加えて、咳が出やすいという
特徴があります。
ただ、秋の花粉症の原因となる植物は背が低く、スギやヒノキのように花粉が遠くまで
飛散することはありません。
生育場所は河原や公園、空き地などですから、できるだけ雑草の生えている場所を避ける
ようにすれば、それだけでも予防になります。

また、秋はハウスダストも増える季節でもあります。
ハウスダストは室内にたまったホコリのことですが、その中にはダニの死骸やフン、カビなども
含まれます。
夏に繁殖したダニは秋になると一斉に死ぬため、ダニの死骸が増えてハウスダストによる
アレルギー症状が出やすくなるそうです。
こまめに掃除をして、ホコリをためないようにしましょう。

温度差の激しい季節の変わり目は体調を崩しやすく、症状が似ているので風邪と勘違いしやすいですが
熱がなく空咳が続くようであれば、秋の花粉症を疑ってもいいかもしれません。

戻る

Copyright(c) 2017 MEISHIN CO.,LTO All Rights Reserved.