パロマ瑞穂スタジアム(瑞穂陸上競技場)建て替え工事へ

名古屋グランパスのホームスタジアムのひとつであるパロマ瑞穂スタジアム(瑞穂陸上競技場)は、
2026年開催予定のアジア競技大会に向けて、2021年より建て替え工事が始まります。
そのため、2020シーズンが改築前最後のシーズンになります。

1941年に陸上競技場として完成して以来、2度の大規模な改築・改修が行われていましたが、
前回の改築から30年近く経っており、老朽化も問題になっていました。
現在の収容人数の2万7000人(Jリーグ開催時は2万人)を建て替え後は3万人にまで増やすそうです。
また、アジア競技大会の開催中は仮設席も設置し、3万5000人の収容を可能にするとしています。
スタジアムの全周には高さ31メートルの大屋根を設けて、雨対策の改善も盛り込まれています。

パロマ瑞穂スタジアムで行われる名古屋グランパスのホームゲームは残りわずか2試合となりました。
工事が始まる前に、今のスタジアムの姿を見に足を運んでみてはいかがでしょうか?

戻る

Copyright(c) 2017 MEISHIN CO.,LTO All Rights Reserved.