緊急事態宣言から、まん延防止等重点措置へ


6月14日の愛知県における新型コロナウイルス新規感染者数は46人と発表されました。
1日当たりの新規感染者数が50人を下回ったのは、4月5日以来70日ぶりです。
また、6月15日の新規感染者数も98人と2日連続で100人を下回っています。

新規感染者数の減少傾向が顕著であることから、緊急事態宣言は予定していた期限の
6月20日で解除する見通しとされています。
その後はまん延防止等重点措置に移行すると考えられており、飲食店に対して午後8時までの
時短営業は引き続き要請されるようです。
入院患者数や重症者数については、緊急事態宣言の目安となるステージ4から改善しておらず、
まだまだ気が抜けない状況が続いています。

感染拡大を防ぐための基本は「手洗い」「身体的距離の確保」「マスクの着用」ですが、
これから本格的な夏を迎えるにあたり、熱中症の対策にも気を配らなければなりません。
特にマスクを着用しているときは、熱がこもりやすくなるだけでなく、のどの渇きを感じ
づらくなるため水分補給を怠ってしまうことがあります。
屋外で人と十分な距離(2m)離れている場合はマスクを外しても構わないそうです。
そして、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給をするようにし、マスクを着用したまま
負荷の強い運動は避けてください。

気温や湿度が高い日は熱中症のリスクが高くなります。
屋外で行動する際は、より一層注意した上でマスクを利用していきましょう。

戻る

Copyright(c) 2017 MEISHIN CO.,LTO All Rights Reserved.